入学記念にランドセル姿で記念撮影!【撮影レポートvol.27】

photo001_b

インスタ映えな写真をプロのカメラマンに撮ってもらう!

スキロッツでは、毎月「インスタ映えする写真テーマ」に沿ったモニター撮影を実施中!
撮影レポートでは、実際にモニターさんがプロのカメラマンに撮影してもらった様子をご紹介します。

4月の撮影テーマ

「入学式で親子コーデ写真」
おしゃれママ集合!晴れの入学式の親子コーデをファッション誌風に撮影します。式当日の撮影でなくてもOKです。

出張撮影で入学記念フォトを!

撮影にご協力いただいたのは、新1年生になった娘さんとママのKさん親子。
中華街周辺でイマドキおしゃれなママさんと娘さんの入学記念フォトを撮影しました。

写真撮影を担当したカメラマンは、SaEmi (新倉早映美)さん。
ウェディングやお子さんの写真撮影に定評のある人気のカメラマンです。

 

ピカピカの1年生、ランドセル姿で記念撮影!

photo002_b

中華街は色彩豊かな建物はもちろん、街のにぎわいも景色の一つ。
歩いているだけでも絵になります。

 

photo003_b

「どれにする?」と、親子の会話が背中越しに聞こえてきそうですね。
中華街の街並みはフォトジェニックな背景の宝庫です!

 

photo004_b

色とりどりのチューリップと共にお子さんの元気な姿を撮影。
はつらつとした表情がとってもかわいいですね。

 

photo005_b

先ほどの1枚とは対照的にちょっぴりおすました笑顔で。
お子さんのいろんな表情を引き出せるのもプロのカメラマンならでは。

 

photo006_b

「いつまでおんぶできるかな……。」
数年後、振り返って写真を見たときにお子さんの成長を感じる写真になるのではないでしょうか。

 

撮影のご感想

お客様のコメント

モニター撮影に応募してみようと思ったきっかけを教えてください。

生まれてから今までのお祝い事は全てがスタジオでの記念撮影でした。
入学の写真はお天気のいい日などに自然の姿を撮ってもらいたいな〜と思っていた時にスキロッツさんに出会い応募させていただきました。

撮影をしてみていかがでしたか?

おしゃべりをしている間や遊んでる間にカメラマンさんがパシャパシャと撮ってくれていました。落ち着きのない6歳児ですが、必要な時だけしっかりとカメラ目線で、他は自由に動いたりしていたので、娘も飽きることなく撮っていただけました。
撮影日もカメラマンさんとお天気予報と相談をしながら(笑)お天気のいい日を選べてとても良い日に撮影をすることができました!

仕上がった写真に対して、周りの方の反応はどうでしたか?

どのお写真を見ても緊張なく自然体を撮影してもらったので表情がとてもいい!と言って貰えました。

今後、どんなシーンをプロのカメラマンに撮影してもらいたいですか?

今回は行事の撮影でしたが、お誕生の成長記録やお出かけをする時に撮影してもらうのもいいかな〜と思いました(^^)

 

プロフィールページへ

カメラマンのコメント

今回の撮影の感想をお聞かせください。

小学校に入学したばかりのお子様の撮影をさせていただきました。恥ずかしがり屋のお子様でしたが、学校のお話を聞いたり、途中でアイスクリームを食べたり、チューリップの色さがしごっこをしたりと撮影をしているということを忘れ、遊んでいる感じで撮影していくなかで徐々に緊張もほぐれ自然な表情のお写真を撮影することができました。

どのような点に気をつけて撮影しましたか。

無駄な映り込み(人、物、看板など)がないような角度で撮影するように心がけております。きれいな色のものがあれば背景に入るようにも心がけています。

5月ならではの“おすすめ撮影シーン”はありますか?

5月は新緑がきれいですので、緑の中の撮影がおすすめです。

 

Kさん親子・SaEmiさん、ご協力ありがとうございました!!


いかがでしたでしょうか。

娘さんとママの自然な笑顔に、見ているこちらも思わずほっこり。
チューリップとランドセルの組み合わせも、まさにこの季節にしか撮れない瞬間です。
また、中華街の異国情緒あふれる雰囲気も印象的でした。

身近にある景色は、十年後、二十年後には違う景色になっているかもしれません。
馴染みの商店街やランドマークで撮影すると、お子さんの成長と共に街並みも記録できますよ。

さて「入学記念撮影」で気になるのが撮影日だと思います。
撮影日を入学式当日か、式とは別の日にするかで悩むところですが、どちらにもメリットがあります。

●入学式当日撮影:着替えずに正装のままで撮影ができます!
(ただし、式典のスケジュールに合わせて動くことになります。)
●別の日に撮影:ロケーションも衣装も自由度高め。気持ちに余裕をもって撮影に挑めます。
(ただし、学校では撮影できない場合があります。)

どこで撮りたいか、スケジュールはどうかなど、どちらの撮影が家族みんなの都合がつくかで決めるのが一番です。

そして、どちらにも言えることは「家族みんなで一緒に撮影してもらえる!」ということ。
「出張撮影」を利用して、家族みんなで成長の記録をプロのカメラマンに撮ってもらいませんか?

カメラマンを探す

※この記事に掲載している画像は、著作権者および肖像権者に使用許諾を得ています。

この記事の著者

sakai

sakaiライター

エフ・プラットでライターをしています。
神奈川生まれ、青森育ち。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


7 × 二 =

ページ上部へ戻る