お宮参りを出張撮影!【撮影レポートVol. 43】

001_K

インスタ映えな写真をプロのカメラマンに撮ってもらう!

モニターさんご協力のもと、プロのカメラマンが撮影した写真をレポート形式でご紹介します。

撮影テーマ

「お宮参り」
赤ちゃんの生誕をお祝いする“お宮参り”
おじいちゃん、おばあちゃんたちと一緒に家族みんなで記念撮影

 

お宮参りは家族一緒に記念撮影!

今回は、Kさんご一家にご協力いただき、お宮参りの様子を撮影をさせていただきました。

写真撮影を担当したカメラマンは、角谷隼人さん。ポートレートやウェディング、イベント撮影など人物撮影をメインに活動しているカメラマンです。
 

お宮参りの撮影スタート!

K_002
家族4人での撮影。
赤ちゃんもしっかりカメラ目線です!
 

寝ていることが多い赤ちゃん。起きている瞬間を逃さずキャッチ!
かわいいお顔をしっかり撮ってもらいました。(か、かわいい……。)
 
K_004b
お宮参りは赤ちゃんが主役ですが、お兄ちゃんだって主役!
出張撮影は家族みんなが主役だから、自由度の高い撮影も可能です。
 
005_K
赤ちゃんを囲んでの和やかな1枚。
家族一緒のお参りもよい思い出に。
 
K_006
泣いている赤ちゃんをあやしている姿をパチリ。
カメラ目線の撮影もいいけれど、こうしたストーリー性のある撮影ができるのも出張撮影の醍醐味ですね。

 

撮影のご感想

お客様のコメント

モニター撮影に応募してみようと思ったきっかけを教えてください。

Instagramで、スキロッツの広告を見つけて応募しました。#スキロッツで検索した他の方の撮影写真が素敵だったのも決め手です。

撮影をしてみていかがでしたか?

野外での撮影だったので、直前まで天候にはドキドキしていました。
今回お宮参り撮影で、まだ月齢も小さいのでスムーズに撮影できるかなぁと不安だったですが、休憩もはさみつつ、カメラマンさんが赤ちゃんの機嫌が良いところを見計らって撮影していただいたので、とても良い写真を撮っていただけました。
隙間時間で、長男5歳の遊んでいる姿や、親も含めた写真もたくさん撮っていただけ、写真スタジオにはない自由な撮影でした。
写真嫌いでスタジオでジッと撮影できなかった長男のときも、出張撮影のサービスを利用したら良かったなぁと思いました。

仕上がった写真に対して、周りの方の反応はどうでしたか?

LINEでデータを送ったところ両親はとても喜んでくれて、携帯に写真データが入っているといつでも見れる、と喜んでいます。これから、フォトブックにもする予定です。

今後、どんなシーンをプロのカメラマンに撮影してもらいたいですか?

両親の還暦祝いなど、みんなが集まったときはぜひプロに撮っていただきたいです。
小学校入学のときは、ランドセルと桜のロケーションも素敵だと思います。

 

プロフィールページへ

カメラマンのコメント

今回の撮影の感想をお聞かせください。

神社でのお宮参りの様子の撮影。
直前まで雨予報により天候が怪しまれましたが、当日は守られ無事にお写真をお撮りすることが出来ました。
元気一杯のお兄ちゃんと生まれて間もない弟ちゃん。ご家族の優しい笑顔が絶えない、素敵な様子を撮影することが出来、私も終始とてもほっこりとしていました。

どのような点に気をつけて撮影しましたか。

とにかく緊張感を持たずリラックスした様子を撮れるように、挨拶の時から、より自然体な雰囲気作りを心がけました。
また、何と言ってもお子様のご機嫌に左右されてしまいますので、お子様の様子をしっかりと見て、タイミングを逃さないようにしました。
赤ちゃんの場合ですと起きている時にしっかり撮ることですね。

春ならではの“おすすめ撮影シーン”はありますか??

春は「スタート」のイメージがぴったりですので、エネルギー感が感じられるアクティブなショットなど撮れると良いですね。
衣装や背景とのバランスも大事ですが、ダッシュ、ジャンプ、ターンなどなど…

 

Kさん、角谷隼人さん、ご協力ありがとうございました!!


お宮参りの撮影、とても素敵でしたね。
家族が集まるイベントは、家族写真を撮影する絶好のチャンスです。

出張撮影サービスは、お好みの場所でお好みの時間に撮影の依頼ができるだけでなく、撮影枚数も豊富なので撮影開始から終了までのストーリーも写真に残すことができます。

「あの時、みんな集まったね」
「あの時、泣いちゃったね」
「あの時、とっても頑張ったね」

いろいろな思い出が詰まった写真は、家族にとって素敵な記録となるのではないでしょうか。

家族にとって大切な記念日は、出張撮影で素敵な思い出をたっぷり撮影してもらいませんか?

 
カメラマンを探す

※この記事に掲載している画像は、著作権者および肖像権者に使用許諾を得ています。

この記事の著者

sakai

sakaiライター

エフ・プラットでライターをしています。
神奈川生まれ、青森育ち。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


九 × 6 =

ページ上部へ戻る