Skillotsの歴史

Skillotsの歴史

Skillots(スキロッツ)は、ユーザの皆様のご支援のおかげで、前身のファーストデザインの誕生から今年(2017年)で11年目を迎えます。
そんなSkillotsの歴史をご紹介!


ファーストデザイン2006年2月 デザイン受発注サイト「ファーストデザイン」サービス開始

「日本の中小企業がもっと身近にデザインを使う環境を提供し、付加価値の高い商品やサービスの創出を支援する」ことをコンセプトに、「ファーストフード」のような手軽さでデザインを注文できるサイトになることを願って「ファーストデザイン」を開始。

その後、2007年には個人向けにもサービスを解放。漫画家やカメラマンの登録受付も開始。


ファーストフォト2011年1月 写真撮影受発注サイト「ファーストフォト」サービス開始

気軽にカメラマンに撮影を依頼できる環境を提供することで、今までプロによる撮影を頻繁に利用することのなかった家庭や個人事業主、中小企業でも、様々なシーンでクオリティの高い写真やムービーを利用するようになることやカメラマンの活躍の場を広げていくことを目指し、「ファーストフォト」の提供を開始しました。

 

 

 


fastdesign2013年3月 言語翻訳機能を導入

海外クライアントが日本のイラストレーターや漫画家、デザイナーに気軽に依頼できる環境を提供し、「クールジャパンの輸出」を促進させるべく、サイトを多言語化すると共に、メッセージ機能に翻訳機能を導入。これ以来、Skillots(当時はファーストデザイン)では日本のアニメや漫画を好む海外クライアントが日本のクリエイターを起用することが日常のこととなりました。

 

 


2015年7月 サービス名を「Skillots(スキロッツ)」に変更

デザインやイラスト以外に、動画制作や音声、ライティングなど、他ジャンルの才能を持つ方々にもご参加いただける体制を築くべく、サービス名を様々なスキル(Skill)を持った方がたくさん(lots)集まっていることを意味する「Skillots(スキロッツ)」に変更。公式キャラクターも誕生!

 


2017年1月 ファーストフォトをSkillotsに統合

写真/動画の撮影サービスを提供する「ファーストフォト」と、デザイン・イラストなどのサービスを提供する「Skillots」を一体的に運営することでより便利な機能の追加などがしやすくなり、サポートも一本化できるため、より質の高いサービス提供ができると判断し、ファーストフォトをSkillotsに統合。


以上、Skillotsの歴史を簡単に振り返ってみました。

これからも、Skillotsは進化し続けます。ぜひご期待ください!

サービスに関するご意見、ご要望がありましたら、Skillotsのサポートセンターへお気軽にご連絡ください!
お問い合わせ電話番号03-5114-3575inquiry2inquiry3

この記事の著者

藤田 健プランニングディレクター

Skillotsを含むエフ・プラット株式会社の全てのサービスの企画・運営責任者。
神奈川県出身・中野区在住。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


+ 五 = 8

ページ上部へ戻る