クリエイター選びのコツ

“いいクリエイター”とは?

“いいクリエイター”とは、どのようなクリエイターでしょうか。
かっこいいデザインができるデザイナー?安くイラストが描けるイラストレーター?それとも、すばやく作業ができるクリエイターでしょうか。
そのどれもが“いいクリエイター”かもしれません。しかし、あなたが求めるべきは、“あなたにとっていいクリエイター”です。以下の点を確認し、自分に合ったクリエイター像を想像してみましょう。

自分に合ったクリエイターを探すポイント

  1. 必要なスキルを備えている − どのようなものをどのくらいのクオリティで制作してもらいたいですか。過去の作品をチェックしてみましょう。
  2. 予算内での依頼が可能 − プロフィールや実績を確認して、クオリティと料金のバランスをイメージしてみましょう。
  3. コミュニケーションスキルがある − あなたがクリエイターのコンサルタントを必要とする場合に重要な要素です。他のクライアントの評価や自己PR文をチェックしてみましょう。
  4. 安すぎるクリエイターには注意! − 理由もなくあまりに低料金で受注するクリエイターは、スキルが低いか、責任感が薄いかもしれません。充分にヒアリングを行ってから発注を検討しましょう。

プロフィールや作品を検索してイメージに近いクリエイターを探そう!

まずは、画像検索とプロフィール検索を使用して、あなたが作成したいデザインやイラストとイメージが近いクリエイターを探してみましょう。
Skillotsでは、全てのクリエイターを審査し、毎月活動の継続確認をしているので、一定のクオリティ以上の、必ず連絡のつくクリエイターのみ探すことができます。

作品画像検索で探す

例えば、チラシを作成したい場合、「チラシ/リーフレット」のカテゴリを指定して検索してみてください。
たくさんのチラシの画像が表示されますので、自分が作成したいチラシのイメージと近い作品の「プロフィール」をクリックし、クリエイターのプロフィールを表示すると、料金の目安や他のクライアントによる評価などを確認できます。

作品画像検索

プロフィール検索で探す

プロフィール検索でも、カテゴリを指定すると検索しやすくなります。例えば、「イラスト」カテゴリを指定して検索すると、イラストレーターのみを抽出することができます。
予算の範囲を決めて絞り込んだり、ターゲットによっては、性別や年令を指定しても目的のクリエイターが見つけやすくなります。

 プロフィール検索画面


クリエイターポイントとは?

クリエイターポイント(略称:cpt)とは、そのクリエイターがどのくらい積極的に活動し、クライアントに評価されているかを示すポイントです。クリエイター選びの参考のひとつとしてください。


制作実績を見て似た案件を探してみよう!

制作実績では、クライアントより掲載許可をいただいた案件を掲載しています。
カテゴリごとに過去の実績を確認できるので、依頼したいデザインやイラストに似た案件を探せば、予算やスケジュールの目安を確認でき、最適なクリエイターを見つけやすくなります。

見積り募集をして比較検討しよう!

作品やプロフィールを見てもどのクリエイターに頼んだらいいか分からない場合は、見積り募集をしてみましょう。見積り募集はいつでも無料でご利用いただけます。
専用フォームからカテゴリを指定して要望を入力すると、その日のうちから複数のクリエイターから参考作品と見積りが届きます。
特殊な技術を必要とする案件や、短納期で作業してもらいたい場合などに、対応できるクリエイターを探す場合にも便利です。

見積り募集のしくみ

knowhow-quote

気軽にクリエイターに相談してみよう!

依頼してみたいクリエイターが見つかったら、気軽に相談してみてください。メッセージやチャットで連絡をとって、スキルや人柄を確認しましょう。
クリエイターから提出された見積りを承認するまで、料金は発生しません。納得できるクリエイターが見つかるまで、何人に相談いただいても結構です。

プロジェクトルーム

ヘルプ用画像_2

この記事の著者

シン

シンマーケティング部

エフ・プラット立ち上げ当初からちょこちょことお手伝いをしております。
犬と子供好き。
東京都出身、在住。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


8 + = 十六

ページ上部へ戻る