• Search Artists
  • Send Request
  • Negotiate Terms
  • Receive Quotation
  • Discuss
  • Pay
  • Deliver
  • Send Feedback

Standard Fee

200 words writing :JPY0

See List Prices

Evaluation

Favorited:  1    348cpt See CPT distribution

Projects Done 5

Satisfaction good good good good good (5.0)

See more

Certification

Language

Jp 日本語

Other Category(s)

Industory

Keyword

Specialty

Self-Introduction

Like painting so glad I work.

  • Creator ID:8861
  • Gender:private
  • Age:private
  • Career:private
  • Area:Japan
  • Last Login:Within a month

Works

ミレスイ恋魔法瓶

●異世界の上空

(……………ここは……どこ?)

 目を開くと、ミレスイ・キュリアは落ちていた。
 何故こんなことになってしまったのかはわからない。
 とにかく頭から落ちていた。青い大空から地上へと。
 強い風にあおられてはためく紺色のワンピースのせいで、下からは小さな鳥か何かのように見えているのだろう。
 飛ばされないように細い眼鏡をおさえるが、そのレンズ越しに景色を見てみたいなどとも思えず、焦る心を無理矢理落ち着かせようとするけれども、バタバタと風にやかましく体中をゆすられていては無理な話。
(と、とにかく冷静になって考えないと……)
 このままではどうなるのかなど、身をもって体験する必要がないほど明らかだった。
 とっさにあることを思い立ったミレスイは、踊るスカートの隙間から脚を確認する。
 自分が作った魔法瓶が備えられているはずだった。
 それを使えば風の力を利用でき、この危機的状況を回避できる。
(っ?!)
 だが、確信していた彼女は愕然としていた。
 よりにもよってこんなときに何も装着してきていない。
 ただひんやりとした手がそのまま脚に触れるだけで。
 もう何も打つ手がない。ミレスイは心の底までぞっと血の気が引いた。

 ―――――死ぬのか

 そんな妙な覚悟すら生まれてしまった。
 ミレスイは全身の力が抜け、その身をすべて風にゆだねてしまう。そのときやっと周囲の風景が見えるようになった。
 地平線が見えた。さっきよりもさらに低い位置にいる気がする。
 ……当然だ。落ちているのだから。
 しかし何も持ってきていないということは、もしかして自分は死ぬつもりでどこかから飛び降りたのだろうか?
 考えても思い当たらず、ミレスイは首を傾げる。
 一体何を早まってしまったのだろう。
(まだ異世界へ行く瓶の研究が途中だったのに……)
 そもそも飛び降りようとした前後の記憶自体が無い。
 落下時間だって結構なものだ。これはきっと雲のさらに上の位置から落ちてきたに違いなかった。
 そして景色を眺めていて、ようやく地上の様子がうっすらと分かるようになると、もう一つ疑問が生まれた。
 建物の様子が全く違う。いや、そもそも無いのだ。彼女の世界の象徴ともいえる8色の結晶の柱が。
「ここは一体」
 思わず声に出してしまったとき、ふと地面のほうから視線を感じた。
 これが自分の見る最後の光景になるかもしれないが。
 おそるおそる、真下に広がる草原に目を向ける。
 ……その中に視線をくれているものがいた。
(人?!)
 その目が合った瞬間、ミレスイは自分の身が落ちていることも忘れて見入ってしまう。
 木々の葉の色に似た長い髪をなびかせて、宝石のように透明感のある灰色の瞳で、相手もミレスイを見上げていた。
 髪には天秤の両端をイメージさせる金色の大きな髪飾り。さらにヴェールのようなものまでつけている。
 紫の大きな球のイヤリングが揺れて、今にもジャラジャラと音が聞こえてきそうな。
 ドレスのように裾が地面にひろがっている服……顔つきは青年のようだが、その佇む姿はまるで天使か女神のようだった

Portfolio

There are no project which is permited to show here.


Specialty

Script Writing

Career

Yoyogi animation Gakuin Fukuoka school manga-吳庚霖 training graduated from

Comment

I have chosen scenario writing because there are no items that fit my specialty. The scenario text sample is in the scenario format that I wrote on PBW. Since my text is close to a novel, it seems possible to submit it as a novel. We have no experience in other formats, but we will work to meet your wishes when given instructions.

Answers

There are no answers yet.
Contact (FREE)
 Go to Page Top
Please check email from us to confirm your email address.