• Search Artists
  • Send Request
  • Negotiate Terms
  • Receive Quotation
  • Discuss
  • Pay
  • Deliver
  • Send Feedback

Standard Fee

200 words writing :JPY0

See List Prices

Evaluation

Favorited:  1    150cpt See CPT distribution

Projects Done 0

Satisfaction good good good good good (0.0)

See more

Certification

ID Verified ID Verified 

Agreed on NDA Agreed on NDA 

Language

Jp 日本語

Other Category(s)

Self-Introduction

漫画専門のデザイン学校を卒業しており、作家名義でもイラスト作成から漫画制作、Tシャツなどのグッツ販売を行っています。
自身の研鑽もかねてシリーズ制作もしてまして「何でもホメルシリーズ(365日分制作しました)」「今日は何の日シリーズ」など制作しています。
絵のテイストを似せて描くことも得意としてますので、いろいろな挿絵イラストも担当しました。
元はwebディレクターとして、主にコーポレートサイトや新卒採用サイト、ランディングページなどの新規作成やリニューアルを担当してまいりました。
webデザイナーからのキャリアアップでもあるので、一通りのweb業界のアプリケーション操作には明るいです。
また、当時から動画制作や編集作業を行なってきたためそれらのアプリケーションにて制作が可能です。

  • Creator ID:27813
  • Gender:Male
  • Age:private
  • Career:private
  • Area:Japan
  • Last Login:Within a month

Works

起承転結について

お話を作るときによく言われないでしょうか?
「起承転結を考えましょう」
ですが、そもそも起承転結とは何を指す言葉なのでしょうか? そこで「起承転結」について考えてみたいと思います。

目次
• 「起承転結」は「話をわかりやすくする文章術」
• 「起」=背景や事前情報、世界観の共有
• 「承」=導入
• 「転」=本題、出来事、展開
• 「結」=転で起きたことに対しての答え • まとめ

「起承転結」は「話をわかりやすくする文章術」

起承転結は「話をわかりやすくする文章術」です。 元は漢詩の「絶句」という短い文章を構成するための考え方で「起句」「承句」「転 句」「結句」が広まるにつれ省略されていき起承転結になったそうです。
そんな大昔からある考え方なんですね。 では実際に「起承転結」それぞれの意味するところを考えていきたいと思います。

「起」=背景や事前情報、世界観の共有

「起承転結」の「起」は一番勘違いされがちですが、物語が起こる起こったことで はなく、すでに起きている物語の説明部分です。
読者に対してその話での前提内容や世界観を共有する部分になります。
その話が現代のお話なのか、異世界の話なのか、国はどこか、異能が当然にある世 界観なのか、そういった前提条件を説明します。
同人誌が楽なのはこの「起」の部分を丸ごと省けるからですね。
なろう系小説でいえば「剣と魔法の世界に突然召喚されてモンスターが徘徊する森を彷徨うことになった」というかんじでしょうか。

「承」=導入

これも勘違いされがちですが「起承転結」の「承」は導入です。
「起」で世界観を 共有したことで、ようやく「承」で話の導入をします。本題への序章と言ったとこ ろです。
なろう系小説でいえば「モンスターに襲われてる女の人を無我夢中で助けよう とするシーン」でしょうか。

「転」=本題、出来事、展開

ここで、ようやく本題になります。
「転」は話が変わることではなく本題です。
お話しの中でメインで伝えたいことになります。
なろう系小説でいえば「とんでもない力が発揮され、無事女の人を救出、助けた女の人が王国のお姫様で勇者として城に招待される」とかでしょうか。

「結」=転で起きたことに対しての答え

最後の「結」では「転」で起きたことへの答えを用意します。
トラブルならどう対応したのか、そのままハッピーエンドになったなどですね。
なろう系小説でいえば「招待された王国はモンスターの襲撃で国民も疲弊して おり勇者として立ち上がることを決意する」などでしょうか。

まとめ

改めて考えてみると「起承転結」も意味や使い方は微妙に違うことが多いですね。
そして、この文章術はビジネスでは使えそうもありません。
読み切りなどの漫画や小説を書く上ではテンプレートな考え方ではないかと改めて感じました。

Portfolio

There are no project which is permited to show here.


Specialty

SEO Writing,WEB Contents,Editing,Proofreading,Tape Transcription,Curating,Naming,E-mail Magazine,Blog,Ad Writing,Interview,Article / Column,Copywriting

Answers

There are no answers yet.
Contact (FREE)
 Go to Page Top
Please check email from us to confirm your email address.