公募(コンテスト/コンペ)情報詳細

第3回 日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 公募展

賞金総額:JPY0 採用作品数:100点
募集中15/June/2020~05/July/2020
Large_3rd_hyosi

日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS(ニッポンザイダン ダイバーシティ・イン・ジ・アーツ) は、誰もが参加できるインクルーシブな社会の実現を目指し、障害のある方のアート活動を中心に多様性の意義と価値を広く伝え、越境や交錯、交歓の喚起を導くプロジェクトに取り組んでいます。

本公募展は、2018年度より始動しており、障害のある方が制作した過去に受賞歴のない作品を募集します。昨年度は、14カ国から、約2,000点の作品応募がありました。絵画、イラスト、グラフィックデザイン、書、写真、造形など。素材やテーマは自由です。募集期間は、2020年6月15日(月)~7月5日(日)迄、最終審査は9月中旬頃を予定しています。

審査は、7名の美術家や美術関係者が、各々の領域の知見で作品を選定します。入選作品は、東京・横浜のギャラリーでの公開を予定しています。既成概念や美術史などに影響されない、心揺さぶるような作品のご応募をお待ちしています。

募集概要

日程

15/June/2020~05/July/2020

審査員賞7点/入賞43点/佳作50点(予定)を選出
入選特典:
●審査員賞:授賞式へのご招待(東京都内で開催予定、交通費・宿泊費は主催者負担)、入選作品展覧会での展示(東京・横浜で開催予定)、作品図録への掲載
●入  賞:入選作品展覧会での展示(東京・横浜で開催予定)、作品図録への掲載
●佳  作:作品図録への掲載

募集作品

国内外を問わず、障害のある方が制作したアート作品で過去に受賞歴のない作品。

参加方法

※今回より審査方法を変更しました。それに伴い応募方法も変更しております。
https://www.diversity-in-the-arts.jp/news/19208 ←こちらより募集要項詳細ご確認の上、ご応募ください。

※日本国外からの応募については、英語表記の募集要項をご確認ください。
https://www.diversity-in-the-arts.jp/en/news/19235

参加資格

作者本人または親権者(未成年)、保護者、後見人もしくは作者から作品の使用権を移譲された法人。

審査員

秋元 雄史(東京藝術大学大学美術館館長・教授/練馬区立美術館館長)
上田 バロン(FR/LAME MONGER代表/イラストレーター)
エドワード M. ゴメズ(RAW VISION 主任編集者)
藏座 江美(一般社団法人ヒューマンライツふくおか 理事)
中津川 浩章(美術家/アートディレクター)
永野 一晃(写真家)
望月 虚舟(書家)

著作権の扱い

作者本人に帰属
※入選作品(審査員賞/入賞/佳作)は、日本財団 DIVERSITY IN THE ARTSに最長1年間お貸しいただき、入選作品展覧会での展示及び広報、作品図録への掲載、日本財団DIVERSITY IN THE ARTSが発信する情報媒体(ウェブサイト、SNS等)への掲載、その他メディアなどの利用にご同意いただけること。
※本事業の記録画像などの利用にご同意いただけること。

主催

日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS

問い合わせ先

日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS公募展 係
〒530-0022 大阪府大阪市北区浪花町13-38千代田ビル北館4F-E(特定非営利活動法人CUE-Arts内)
TEL 06-6940-6767 FAX 06-6940-6768 Eメール contest@diversity-in-the-arts.jp
※お電話でのお問い合わせは、土日祝を除く10:00~17:00

 Go to Page Top
Please check email from us to confirm your email address.