フリーライターになるには 〜 仕事内容からスキルアップ方法まで!

フリーライターとは

現代では働き方が多様化しています。かつてのように、必ずしも企業に所属していなくても、あたり前に収入を得られる世の中になりました。なかには、サラリーマン時代の何倍もの収入を得ているフリーランサーも登場しています。

もしあなたが、「文章を書くのが好き」あるいは「文章力には自身がある」ということであれば、ぜひフリーライターに挑戦してみてはいかがでしょうか。フリーライターとは、フリーランスとして文章書くプロフェッショナルのことです。

 

フリーライターの仕事

そんなフリーライターの仕事は多岐にわたります。デジタルツールや医療など、特定の業界に特化した専門的なライターもいれば、ジャンルを問わずマルチに活躍するマルチライターもいますし、編集から取材、カメラ撮影まで行うライターもいます。

仕事内容は、基本的には「文章を書くこと」ではありますが、クライアントのために良質なコンテンツを制作するという気概がなければ活躍するのは難しいかもしれません。人気がある職業だけに、競争もまた激しいのが現実です。

フリーライターのキャリア形成としては、種類によって異なりますが、まずは仕事を獲得し、実績を積み、より大きな仕事を獲得する、という流れになります。最終的に法人化するのか、それとも個人事業主として稼ぎ続けるのかは、その人の選択次第です。

 

フリーライターになるために必要な5つのこと

さて、そんなフリーライターとして活躍するために、必要な素養とはなんでしょうか。とくに重要だと思われる5項目をピックアップしました。

 

1.文章力

ライターが文章を書く仕事である以上、文章力は必須です。読者をイメージして、より読みやすい記事を書くことが大切です。日頃から良質な文章にふれ、たくさん書くことによって文章力は上達します。

2.取材力

ライターは小説家とは違い、想像で文章を書くわけではありません。取材によって記事の材料を集め、それをもとに文章を書きます。現地を訪れたり書籍にあたるなどして、いい素材を集めることが大切です。

3.インタビュー力

取材の延長にインタビューがあります。インタビューとは、専門家やその道に長けている方に話を聞くことです。インタビューによって内容の裏付けができれば、記事の信ぴょう性が高まります。

4.コミュニケーション能力

仕事上でライターが接する人は多岐にわたります。クライアント企業の担当者や出版社の編集者、インタビュー対象者、デザイナーやカメラマンなど、さまざまな人と折衝するのにコミュニケーション能力は欠かせません。

5. 自己コントロール力

そして何より重要なのが自己コントロール力。自分を律することができなければ、厳しい締め切りに間に合わせて記事をあげることはできません。たとえ怠けたくなるときがあっても、自身を奮い立たせて書く必要があります。

 

フリーライターとしてデビューするために活用できるツール

フリーライターになりたいと思う方にとって、気になるのはその収入でしょう。ですが、一概には言えないというのが現実です。アルバイト程度の収入しか得られない人もいれば、上場企業の社長ほど稼いでいる人もいます。

ですので、稼ぎにとらわれてしまうのではなく、どのくらいの収入を得たいのか、あるいはどんなライターになりたいのかを具体的にイメージして、一歩一歩努力することが大切です。

フリーライターとしてデビューしたい方は、ぜひクラウドソーシングで実績を積んでみてはいかがでしょうか。オススメは以下のサイトです。

ココナラ
ランサーズ
クラウドワークス
シュフティ
スキロッツ

 

教育機関を利用して学び続けよう

会社に属していれば研修や教育の機会もありますが、フリーランスの場合には、自分で学習しなければなりません。つねに学び続けなければ、多様化するクライアントのニーズに対応できないのも事実です。

たとえば、ライター向けの教育機関には次のようなものがあります。

宣伝会議
日本エディタースクール
日本オンライン総合スクール
思い浮かべて書く教室
上阪徹のブックライター塾

料金や内容はそれぞれ異なりますので、ぜひ自分にあった教室を見つけてみてください。いい先生と出会えれば、それだけ仕事の幅も広がるかもしれません。

フリーライターとして仕事を続けていくことは大変ですが、あきらめずに挑戦していれば、いつか必ず評価してもらえるはずです。

この記事の著者

yuuki.yamanakaSkillots登録ライター

大学卒業後、マンションデベロッパー、人材ベンチャー企業にて営業を経験。仕事をするかたわら、クラウドソーシングを中心に文章執筆の依頼を受け、2013年4月よりフリーライターとして独立。企業のコンテンツ作成やオウンドメディアをはじめ、最近では書籍関連の仕事にも従事しつつ現在に至る。日本エディタースクール文章講座修了。得意分野は企業経営、経営戦略、マーケティング、その他ビジネス関連。

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


+ 6 = 十

ページ上部へ戻る