成人式写真の前撮りはロケ撮影が絶対オススメ!【撮影レポートVol. 11】

成人式を迎える娘さんに、お母様が前撮り撮影をプレゼント!
普段はファッション撮影をしているプロカメラマンの大島敬三さんを川越に迎え、紅葉に彩られた古刹・喜多院や蔵造りの町並みを背景に撮影を行いました。
秋晴れの下、400枚を超える様々なショットを撮影しました!

 

成人式の前撮りは随行撮影で!

写真スタジオでの撮影では、緊張してしまって良い表情で撮影できなかったという話を多く聞きます。
また、多くの写真館では、撮影した写真の購入にはアルバムのセット購入が義務付けられていることが多く、1枚〜数枚の写真を購入するのに高額な料金を支払うことになるのも珍しくありません。

そこで、ファーストフォトでは「随行撮影(ずいこうさつえい)」をご提案します。 随行(ずいこう)撮影とは、あなただけの専属カメラマンがお好きな場所に同行して、希望に応じて撮影してくれる撮影方法です。プロが撮影するので、ファッション雑誌風に撮るのもよし、自然な表情を撮るのもよし、ご希望に合わせて好みの写真を撮影できます。また、撮影した写真はデータで全てもらえ、好きな分だけプリントショップなどで印刷したり、スマートフォンに保存したりと、写真の楽しみ方も拡がります。
おまけに、随行撮影は料金もぐっとリーズナブル。大手写真館の前撮り撮影の平均料金は50,000円程度。一方、ファーストフォトの随行撮影で最も多い料金帯は、20,000円〜30,000円です。
友達と一緒にカメラマンを呼べば、さらに一人当たりの料金を抑えることができます。

インターネットで気軽に近くのカメラマンを探せるこの時代、もうお仕着せのスタジオ写真を撮る理由はないかもしれませんね。

カメラマンを探す

撮影レポート - 成人式随行撮影

撮影料金:30,000円(交通費・経費・税込)  撮影時間:約3時間

 


待ち合わせ

カメラマンと山門で待ち合わせ。挨拶を交わしたら、早速撮影スタート!



喜多院の様々な場所で撮影

事前にロケハンをしていたという大島カメラマン。ここぞという撮影スポットに誘導していきます。



紅葉とともに

その場にあるものを小道具として使えるのもロケ撮影の醍醐味。晩秋の喜多院、紅葉が見事でした。



大正浪漫通りで撮影

テレビドラマや映画の撮影にも使用されることの多い「大正浪漫通り」で撮影。振り袖姿が背景とマッチして、女優さんのようでした!



蔵造りの町並みで撮影

江戸の面影を今に残す「蔵造りの町並み」で撮影。観光客の方々にもたくさんおめでとうと言っていただきました。



最後に家族でパチリ!

もちろん、同行していただいたご家族ともたくさん写真を撮りました。最後にみんなでハイチーズ!

後日、全ての撮影した写真の高解像度データが送られます。気に入った写真をWEBに掲載したり、好きなサイズでプリントすることができます。
(以下は納品した撮影写真の一部です。)

 

お客様のコメント

まずは、今回の撮影の感想をお聞かせください。

娘の成人式前撮り用に、スタジオで数枚のみではなく、野外撮影でたくさんのショットを残したいなと、カメラマンを探していた所、こちらのサイトに辿り着きました。

当日はお天気にも恵まれ、紅葉もまだ残っていて、振り袖姿にピッタリな背景を使ったアングル、ポーズ、目線など、プロならでなのアドバイスを頂き、出来上がった写真はどれも素敵な写真となりました。
通りすがりのお散歩わんこに遭遇し、一緒に撮らせて頂くなど、野外ならではのハプニング(セクハラわんこでした!)等もあり、楽しい思い出いっぱいの撮影で、親子共々、大変満足でした!

写真をご覧になった方の反応はいかがでしたか。

写真共有サイトを使用し、親戚、友達にLINEや、SNSで早速通知しました。
写真館とは違った自然な表情、様々な背景の写真が大好評でした。
写真に撮られるのが苦手な人も、これだけ撮って貰えれば奇跡の一枚が撮れるよね!と興味津々でした。

今後、カメラマンに撮影を依頼するとしたらどのような時に撮影してもらいたいですか。

人生の大イベント、子供達の結婚式や、私の結婚式(再)があるとすれば是非お願いしたいです。
お友達のイベントに、プロのカメラマン撮影をプレゼントするってのもいいかもしれないですね!

 

プロフィールページへ

カメラマンのコメント

Q1.今回の撮影の感想をお聞かせください。

今まで行った事のないレトロな街での撮影で楽しみにしておりました。
振袖姿が良くお似合いの可愛い方で、背景、モデルともマッチした楽しい撮影でした。

Q2.どのような点に気をつけて撮影しましたか。

ポーズを付けると ぎこちなくなってしまいますので、捨てカットを撮りながら流れを作り、自然と形にして単調にならない様に気を付けました。
また人が多いのと、順光にならない様、場所移動を工夫しました。

Q3.今後、どのような撮影をしていきたいですか。

今はアパレル系等のファッション撮影が多いのですが、それを生かし一般の方にも型にはまらないファッショナブルな撮影を行いたいと思っております。
また、コンセプトに応じたロケ場所等キャスティングを含め取り組んでいきたいです。

 


カメラマンを探す

※この記事に掲載している画像は、著作権者および肖像権者に使用許諾を得ています。

この記事の著者

シン

シンマーケティング部

エフ・プラット立ち上げ当初からちょこちょことお手伝いをしております。
犬と子供好き。
東京都出身、在住。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


二 − = 0

ページ上部へ戻る